帝王切開、切迫流産など緊急時の費用に

妊活もお金が必要

 結婚をして、主婦となって次に欲しい幸せといったら何といっても子宝ですね。
 女性である限りこれは永遠の夢ではないでしょうか。
 けれど出産費用はかなりかかるものだと誰もがご存知の事でしょう。
 その総額はおよそ単純計算で40万円から100万とも言われているそうです。
 なぜこんなにかかってしまうのか? と言うと、やはり病気などで入院をするものとは異なり出産には保険が適用されないという部分もあるそうです。
 これには、定期検診や分娩費用。その他、入院費用や入院費用の食事代、出産から自宅に帰る退院の日までの母子ケア費用なども含まれているそうです。

 

 けれど、実際には国や自治体などによる援助をされる部分もあるので、最終的には自費負担はそこまで多くないそうです。
 実際にこの莫大な出産費用をキャッシングから借りるとう方がとても多いそうですが、これはかなり賢い方法だと妊娠・出産に対するネットのまとめサイトなどでも紹介されています。つまりは、国や自治体からの支援の費用をキャッシングの返済に当ててしまうという事です。すると、実費で必要となる費用は約13万円ほどにしぼむそうです。

 

 確かにこんな不景気で、就職難やリストラの多い時代で『子供なんて育てられるの? 産めるの?』と、不安を抱える夫婦がとても多いそうですが、実際自費で最終的にかかる費用13万円。これは、意外と親族からのお祝いなどでも賄えてしまう事もあるそうです。つまり貯蓄が少なくても、しっかりと出産は出来ます。
 これを聞くと希望を持って妊活に取り組みたいと思えますよね。