5万円あれば家族もハッピー

知名度抜群。安心感で選ばれる楽天銀行スーパーローン

 

子供を持って痛い出費といえば、おけいこや学習塾の月謝。
旦那の給料でもたまに足らず”今月ちゃんと支払えるかな”なんて心配になってしまった経験をした事がありませんか? 実は私は結構あります。
けれど、そこで『給料が足りないから!』なんて言ってしまえばケンカの火種に。
当然そんなところは子供に見せたくないものですよね。
けれど、月に約5万円だと仮定してその金額への節制はどうにかして出来ないものではないのか? とも思えます。例えば、外食を減らすこと。
確かに外でご飯を食べる事は、子供も喜ぶ事ですし、専業主婦にとっては”ひとときの贅沢”で楽しみなものです。
けれど、実は数度となれば結構お金がかかってしまうものです。
毎週土日に外食をすると仮定をして4人家族1回当たり約4000円と仮定しましょう。
それが、月に8回。これで3万2千円ほど。

 

けれど、そこはぐぐっと我慢をして家で作れば、そこまでお金がかかりませんよね?
せいぜい万単位までいかず数千円で済むのでは? と、思えます。
あと2万円の節制を他に考えるとするのであれば、要らないブランド品や本や聞き飽きたCDを売るなどを売るという手段もあります。
また、それ以外にも基本的に外出を控えて無駄な浪費をしないように努めるという事で、切り詰めが出来るものではないのかと思えます。
ウィンドーショッピングのはずが、欲しいものを見つけて結局は買い物をして……といったケースもよくある話です。実は私もコレを何度か経験してしまって結局浪費に! という経験があります。
そうなると根本的要因を解消してしまえばいいだけの話です。つまり家の中で大人しく過ごすかウィンドーショッピングをするとしても万単位のお金やカードを持ち歩かない事でも出費を抑える事は出来るのではないのか? と思えます。

 

けれど、やはり突然の葬儀や友人の出産祝などでやむを得ない場合もあるのではないでしょうか?
そんな時は、最終的な手段としてキャッシングに頼ってみる事も一つの手段ではないのかと思えます。実際に私自身は急なお葬式の際にお香典を包む際に困って1度だけキャッシング会社を使用した事があります。
しかしキャッシングと聞くと、百万・十万といった高い単位でなければ借りる事が出来ないといったイメージが強いですが、最近では3万〜5万円ほどの少額でも借り入れ可能な会社がとても多いです。
けれどキャッシングと聞くと、銀行で借りる事などに比べて利子が高い事や審査が面倒くさいというイメージの他にも、あまり良い印象を持たないものですよね。
しかし、これも決められた期間内に無利子でお金を借りる事が出来るキャッシング会社のサービスがあります。そのようなサービスを活用して、期間内に利子0で完全返金するという手段も賢い家計のやりくりの仕方なのではと思えます。